2018
01.08

病院名をLEDバックライトチャンネルで製作

LED, 岐阜市, 岐阜県, 看板, 看板撤去, 箱文字

【施工】看板工事 【エリア】岐阜市

岐阜市薮田南の操健康クリニック様の看板工事を承りました。
操健康クリニック様は、一般内科診療に加え、人間ドック・健康診断、および予防接種事業を中心に、現在まで診療に取り組まれ地域に貢献されています。今回の工事では、既存の箱文字を取り外し、仕様をさらにグレードアップした看板をより目立つ場所に取付することになりました。

既存の箱文字に関しては、おそらく設立当時に設置された看板で経年劣化していました。また、照明機器は昔ながらのネオン管が使ってあったため、今後のメンテナンスの利便性を考え、新しく作り変える看板にはLED照明を提案させて頂きました。近年、看板業界ではLED照明の看板が主流になっています。LED照明のメリットは、省エネによる電気代の節約ができることや長寿命・メンテナンスフリーである点です。特にメンテナンスが容易ではない高所などに看板を取り付ける際には、LEDを使った看板がおすすめです。蛍光灯のように定期的に球切れによる交換が不要になりますし、その際の経費も不要になるからです。

しかしながら、今回のようなLEDバックライトチャンネルを取付する際にはいくつかの注意点があります。
それは、電気をひっぱってくる工事に関してどこから線をひっぱってくるのか、意匠のデザインに被らないようにどのように配線するのか、大きいサイズのチャンネルなので強度のある取付方法にするためにはどうしたら良いのかなど、現場状況に合わせて最適な配線方法や取付方法を考えなければなりません。これをするには、やはり長年の経験や知識がないとできません。弊社には経験豊富な熟練したスタッフがおりますのでお客様には安心してご注文して頂いております。

看板屋は看板を取り付けたら終わりではありません、取り付けてからも続いていくのです。